星座図鑑・うみへび座

うみへび座

    
△上の図は昇る頃 (4月上旬21時頃・2月中旬0時頃・1月上旬3時頃、東京近郊)

拡大図
      




名 称 うみへび
学 名 Hydra
略 符 Hya
概略位置 赤経・10h30m / 赤緯・-20°
概略面積 1,303平方度
20時南中 4月25日
南中高度 約41°
設定者 プトレマイオス
隣接する星座 ポンプ座・かに座・
こいぬ座
・ケンタウルス座
・からす座・
コップ座・
しし座・
てんびん座

いっかくじゅう座
・とも座・
らしんばん座
・ろくぶんぎ座・
おとめ座・おおかみ座

うみへび座 (Hydra)

探し方・見つけ方
春の南の夜空に見えるうみへび座は、名前のように、星が細長く繋がっている星座です。

うみへび座の見つけ方ですが、かに座の下(東南)あたりを探すと、小さな五角形に星が並んでいるところがあります。
この部分が、うみへびの頭にあたり、ここから、しし座おとめ座の下を通って、てんびん座の手前まで星が続いているのが、うみへび座です。
その長い背中にあたる部分には、ろくぶんぎ座コップ座からす座などが乗っているようにも見える、大きな星座です。

また、うみへびの頭の部分は、しし座のレグルスの右下(西南)にも位置していて、かに座よりも、いくつかの星がはっきりとまとまって見えるので、ぜひ探してみてください。

うみへびの心臓にあたる2等星・アルファルド(コル・ヒドラ、コレ・ヒドレなどとも呼はれます)は赤く輝いていて特徴的な星ですが、この星以外は、3~5等星ばかりの暗い星座です。
しかし、頭になる五角形の形をとらえれば、あとは上の星座図などを参考にすれば、案外簡単にその姿をたどって行くことができると思います。


概要
うみへび座は、全天88星座の中でも最も大きい星座で、紀元前3200年頃には既に知られていたと言われている古い星座です。
わし座ペルセウス座の約2倍ほどもある雄大な星座で、3月下旬の宵の頃に尻尾の先が見えはじめたときには、頭の部分は既に西の空に傾いています。

その姿を一晩中、夜空に見ることができない大きな星座なので、観測する時間を見計らわなければなりませんが、例えば、2月中旬なら午前0時頃、4月上旬なら午後9時頃に、南の空にその全体像を眺めることができます。

また、うみへびの尻尾の下、おとめ座の1等星・スピカの南にはM83という渦巻銀河があります。
1752年、フランスの天文学者・ラカーユによって発見された銀河で、この銀河は明るくて、双眼鏡でもボーっと輝いて見ることができます。
見事な渦巻きをしていて、「南天のねずみ花火銀河」などと呼ばれることもあります。


神話・伝説
うみへび座については、勇者・ヘルクレス(ヘラクレス)の冒険物語としてギリシア神話で語られています。
このうみへびは、レルネアにある泉・アミモーネに棲んでいる9つの首を持つ「ヒドラ」という水蛇で、口から猛毒を吐いては人々を困らせていました。

ヘルクレスはこのヒドラを退治しに出かけますが、その首は、いくら切ってもすぐに新しい首が生えてくる始末で、そのうちのひとつは、いくら切っても不死であったと言われています。
ヘルクレスは苦戦の末にヒドラを退治しますが、このヒドラが、うみへび座のモデルだと伝えられています。

「うみへび座の神話」へ


このページの先頭へ